永住権申請

「パター」という共同幻想 > 生活 > 永住権申請

永住権申請

2012年8月28日(火曜日) テーマ:生活
永住権申請をするときに、過去の犯罪歴を申告する欄があり、私の友人のカナダ人のJさんは、通常の人が全く気にしないこの欄の記入について頭を痛めています。というのも、彼はまだ日本に留学中だった、もう今から20年近くも前に、日本で車の盗難事件をやらかして、不起訴処分になっているからです。永住権申請において、その許可の要件に、素行の善良性というのがあるのですが、20年前の不起訴処分はこの判断に影響があるでしょうか? 永住ビザを一度与えてしまえば、その人間は一生日本に住むことができるわけですから、そう簡単にわけのわからない人間に与えることは出来ないでしょうけど、20年前の、まだ20代の前半の頃の不起訴処分の扱いは、ほんとどうなんでしょう?? 日本にとっての永住権申請を考えてみたいと思います。



関連記事

永住権申請

永住権申請

2012年8月28日(火曜日)

配偶者としての活動

配偶者としての活動

2012年7月27日(金曜日)